〜私たちは みんな 繋がっている〜
増川先生・永伊プロ講演会 立川平林さん落語

もうずいぶんと日にちが過ぎてしまいましたが

増川先生とNAGAIプロの講演会のことを書きます。

 

 

NAGAIプロとは永伊智一さんのことですが、

報道番組の作成をされていたことから監督なのでプロと名前についています。

 

生活を守る ために必要な真実の情報を講演会などで伝えられています。

 

特に動物に関して、動物実験のことや

肉食に対しては熱く語られます。

 

その理由を講演会の時に知りました。

 

それは…幼いころに母を亡くし、小学生のころには

父が家に戻ってこなかったりする環境で

学校の帰りに捨て犬がいて自分のパンをあげていたのだけれど

その日は自分が食べるものが無いのでポケットの中の

カチカチになった少しのパンをあげられずに家に帰って

翌日、その犬は居なくなっていて処分されたことを知る…。

 

そんなトラウマになるような出来事があったという泣けるようなお話でした。

その悲しさや罪悪感も伴っていたのでしょう。

 

前にも講演会では動物たちの映像を見せられましたが今回も。

直視できないような現実のひどく残虐な映像。

そんな扱いを人間はしているのです。

そのなんて愚かなこと…。

 

そうやってお店に並んだ食肉や、革製品や、動物実験でできた製品…。

そうまでして欲しいのか。

そうまでして稼ぎたいのか。

その仕組み、商業ベースとか、何かおかしいよね。

 

畜産業だけで年間 560億の動物の命が消えている。

 

蜂蜜のことも話されていました。

蜂蜜が必要ない理由をいろんな角度から述べられました。

小さな蜂が飛び回って集めた蜂蜜を搾取するわけです。

 

アロマでクリーム作りにミツロウを使いますが

植物性のカカオバターで代用もできますが

紫雲膏はミツロウでないと紫雲膏とは言えないし

「う〜ん…」と唸ってしまいました。

 

永伊さんは

「必要のない犠牲の上に成り立つものはいらない」とキッパリ言われます。

 

自然界に逆らう、自然観に逆らう、循環の法則に逆らう、

循環を止めるのが最大の罪だ、と言われました。

肉体の循環も、微生物の循環も、自然の循環の法則も止めないように。

 

大自然、宇宙の秩序を理解して、そこに自分の命を素直に合わせてゆく。

原点に返る。

そこに命を従わせる。

自然のルールを知って、それに沿う。

 

永伊さんの講演会はそういった内容で、みんな涙流してシュンとしていました。

 

休憩後も会場にはその空気感は残っていましたが

立川談志さんのお弟子さんで立川平林(ひらりん)さんの落語で

会場は一気に明るく楽しい雰囲気に変わり爆笑の嵐でした。

 

動物愛護の落語をされているのでその関係で登壇でした。

しんみりした会場では動物愛護の落語は聞けませんでしたが

別のすごくおもしろい落語を聞くことができまでした。

他に振込詐欺の落語などもされていて機会があればまた聞きたいと思います。

 

平林さんがご自身のブログで、この時の講演会のことを書かれていました。

平林さんブログ☆

 

そして、増川先生の講演は、

少し前の養老での講演会の内容とかぶるのですが

テレビや新聞では報道されないような情報や、

驚くような現状の数々…。

 

食のこと、電磁波のこと、

そして意識のこと、水のこと、渦のこと、周波数のこと、音のこと。

 

神性意識を取り戻すプラネタリー音叉(惑星音叉)

 

意識は人間の計り知れない可能性と、道の世界へのカギを握る。

自己変容、世界を変えられる可能性。

意識を覚醒

意識の目覚め

個々の調和

エネルギーは繋がっている

差別、我欲、強壮、破壊を無くし、万物の命を尊び

大自然を敬い、すべてが調和に向かうことが真の平和への道。

 

という感じでした。

 

 

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+

 

 

岐阜県美濃加茂市

ヒーリングサロンINIPI(イニピー)

アロマ・音叉 セラピスト 山本真由美
お問い合わせ 090−2577−0572

 

serendipity0320☆hotmail.com
(上記の☆を@に変えてメールくださいませ)

 

セッションメニュー・料金

HP http://serendipity-onsa.com/

 

★コスミックチューンサウンドヒーリングスクール

レベル1〜4(stage1〜13)終了(一期生)

認定サロン

 

★アロマサウンズ ・セラピスト・アカデミー

認定講師・認定セラピスト

 

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+

 


セミナーや講演会の感想 | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea