〜私たちは みんな 繋がっている〜
叶う

桜っていっせいに花開くのですね。

ここ数日で膨らんだ蕾はあっという間に咲き始めました。
駅も公園も学校も、いたるところが桜でいっぱい。
綺麗ですね。
 

 

母の入院でいろいろ思うことがありました。
 

セッションのご予約をいただくときに
当日ご連絡のつく電話番号をお聞きするのですが
それは道に迷われたり、時間に遅れそうな場合や
お子様やご本人さまが体調を崩されるとか
緊急事態を想定しているのですが
先月、メールでのやり取りの中で
「当日何かあった場合にご連絡ができるご連絡先を…」って
入力している自分に、あれ?って思いました。
 
いつもと違う感覚を覚えました。
ザワザワ…っと。
 
そしてその方のご予約の前日に母の骨折の知らせがあり
ご予約のお時間を少し早めに変更していただき
実家に向かうことになりました。
 
毎週のように、実家の母には
数日分のお弁当を作って届けていたのですが
春分の日に行った次の週がちょうど山梨に
音叉のセミナーに出かけていて実家には行けず
その後に骨折が発覚。
 
このところ行っても冬場は花も無いし
遠くに連れ出すこともそんなになく
かといってアロマのトリートメントなど
してあげてもいなかったので
様子をうかがえなかったことも気になっていたのです。
 
それで入院ということで、
傍に寄り添い、アロマや音叉三昧です。
 
足を摩って揉んで、頭もほぐし、音叉も使い、
母は「気持ちいい〜」と言ってすぐに眠ってしまいます。
 
3時か4時ごろからずっと病院にいます。
談話室では、町が見下ろせ遠くの山々が見渡せます。
 
そういえば、小高いところで景色を見下ろしながら
ぼ〜〜〜っとしていたいって思っていたのが
シチュエーションはともあれ、叶っているではありませんか。
 
今度からシチュエーションもちゃんと
イメージしておきましょ。
 
前に、あるワークで自分の中を見ていきました。
私はなぜ休むことができないのか。
私の中に在る恐怖の感情。
自分の中の自分の声を聞いていくと
自分が病気したり仕事や家事を休むことで
家族や実家の母が困るから…という思いがあった。
そこには私が自分に課した責任というものがあった。
その責任は負う必要があるのか。
そうでなければならないのか。
休みたい時に休んだらいけないのか。
いくつかの洞察がえられました。
 
尊敬されたいわけではないし
褒められたとかではないし
頼りにされたいわけでもない。
どちらかといえば自立してほしいのだから逆効果かも。
 
私がやらねばならないことはない。
 
貢献、協力したいという思い。
その反面、望んでいたのは休息だった。
 
この価値観や、思い込みや、ねば…、…べき、
を手離したつもりになっていたけど、できてなかった。
 
そして、やりたかった自分もいたから
ちゃんと母のお世話の時間が取れたではないか。
 
宇宙は完璧。
 
しっかりと味わって完了したいと思います。

 
お見舞いの言葉をいただいた方々や
応援してくださっている方々はもちろん、
微生物さんたちのパワーも感じ。
桜やミモザ…、道端の草花も、
庭の木や花も、畑の菜の花たちも
目に映るものも、見えない存在からも、
すべてからパワーをいただいているように感じるのです。
すべてに感謝します。

 
そんなこと知らない何人かのお客さまからの
いただき物が嬉しいです。
摘んだヨモギで手作りされたヨモギ餅、
ベッカライフジムラさんのドイツパン、
九州の初掘りのタケノコ、
抗生物質や化学物質を一切使っていない有精卵、
お客さまが育てられたお庭のお花♡
ありがとうございます。
 
こちらのブログ、2月後半あたりから画像がPCで開けて見た場合は正常でも、iPhoneで見た場合、画像が横向きになるのです。アメブロではちゃんとPCでもiPhoneでも縦向きのまま表示されます。iPhoneでご覧になる方、ご迷惑をおかけいたします。

・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.

岐阜県美濃加茂市
ヒーリングサロンINIPI(イニピー)
アロマ音叉セラピスト 山本まゆみ 
お問い合わせ 090−2577-0572


serendipity0320☆hotmail.com
(上記の☆を@に変えてメールくださいね。)

☆お電話番号へのメールは
エラーメッセージも出なくて届かないことがございますので
メールは上記のPCのアドレスへお願いします。

セッションメニュー・料金

HP  http://serendipity-onsa.com/

コスミックチューンサウンドヒーリングスクール
レベル4(stage13)終了(一期生)
コスミックチューンサウンドヒーリング認定サロン

日本五感療法協会認定インストラクター
アドバンス受講(一期生)


アロマと音叉をやってて思うこと | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea