〜私たちは みんな 繋がっている〜
映画「メッセージ」

「メッセージ」観てきました。

もう、どうしても気になってしかたなくて
今月行けそうなのが今夜しかなくて。
行けてよかった♡
 

「クラウドアトラス」も
「インターステラー」も
「君の名は」もよかったけれど、これもすごい!

 

これ、これっ!

途中何度か鳥肌。

そして泣けた。

 

ネタバレなので、これ以上は
映画をご覧になってからにしてくださいませ。

推理小説を読もうとして不本意に
犯人を教えられた感じになりますので、
この先は、ご覧になられた方のみでお願いします。

 

そして、毎回ですが、私個人の勝手な感想です。

♡♡  ♡♡


そう、知っているの。

その時空を選び取るだけ。

言語は、波動。

時間の概念、過去も未来も同時に今に存在する。
そうなんだよね!
本当は時系列ではない世界。

最初のほうでもうカッコでくくられてる言葉があって。
重要なキーワードだとわかる。

 

そして最初から最後までずっと、

主人公の亡くした娘の「記憶」がフラッシュバックする。

まあ、あの生命体の形状とか、なんであれなの?って
突っ込みたくなるところもいくつかあるけど。


生命体が伝えてくる言語の形に感動したり。
なにか和風な感じで美しいのです。

高波動の存在と触れ合うと、

同じように意識も波動も高まっていく。

 

3000年後に人類の助けが必要になるため

今、「武器」を授けにきたという。

世界の各地の12か所に出現したソレら。
それぞれが12分の1の情報を持っていて

各国でコンタクトして得られた情報を

集結させないと全体のメッセージの意味がわからない。

ただ「時間」という言葉がたくさん出てくるから
時間についての何からしいということで。

 

「武器」という言葉で、私たちの使う意味での

戦うための道具と解釈すれば戦争になりかねない。

 

協力を絶ち、ソレを攻撃しようとする国も出てきて。

 

世界各国の繋がりは決裂し、UFOの存在たちとも

コミュニケーションが取れないま戦闘態勢が整ってゆく。

その中でフラッシュバックのように登場する娘。
思い出してゆく…。
 

主人公がだんだんその意味を理解してゆくにつれ

そういうことなのか、と観ている方もわかってくる。

そして、危機を切り抜けることができるのだけど。

 

一直線の時系列の時間でないとしたら
時間に後も先も無い。

電話をかけている時と、

電話番号を知るときが順番が逆でも

知っているというところにアクセスして

情報を取って電話すればいい。

それが可能。
それを知っている。
それが「武器」

そしてそれは最高のギフト。

“今”に、過去も未来も同時にある。

まだ時系列のある世界で
今後起こることをすべて知ったとしても

それでもその人生を選択する。

産まれてくる前に

それでもそれを選択したのかもしれない。

何も起こらない平穏無事な人生は
安心安全かもしれないけれど
何の経験もしないのは魂の成長は無さそう。

たとえ傷つくくこともあるとしても

それでも人を好きになることを選びたい。
辛い経験もあるかもしれないけれど

それでもそのドラマを経験したいからやってきたんだと思う。

出逢いも、別れも、すべて。

 

そして、やっぱり自分を救えるのも自分。
知っている自分が、いる。

「インターステラー」は父と娘だったけど
過去の自分を未来の自分が助けることもできる。
というか、そういうの経験であると思うんだけど。

バシャールはダリル・アンカの未来世であるように。
同時なの。

そして、それは、一直線上ではなく

全方位、立体的に、
それぞれの時点でそれぞれにあるパラレル。
だから無限にある中の、どこか。

希望するところを選べばいい。
そこに在る。
そこを選べばいい。

・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.

岐阜県美濃加茂市
ヒーリングサロンINIPI(イニピー)
アロマ・音叉 セラピスト 山本まゆみ 
お問い合わせ 090−2577-0572


serendipity0320☆hotmail.com
(上記の☆を@に変えてメールくださいね。)

☆お電話番号へのメールは
エラーメッセージも出なくて届かないことがございますので
メールは上記のPCのアドレスへお願いします。

セッションメニュー・料金

HP  http://serendipity-onsa.com/

コスミックチューンサウンドヒーリングスクール
レベル4(stage13)終了(一期生)
コスミックチューンサウンドヒーリング認定サロン

映画や本のお話 | comments(0)
はせくらさんの新刊

枚岡神社さんで、あけのうた雅楽振興会の

「春のつどい」がありました。


矢作直樹先生と、はせくらみゆきさんの講演会。
 

初めてお会いした矢作先生に、感動。
 

 

いろんな意味で、衝撃的でした。

講演内容、いろいろ噛み締めてます。
 

さて、その、はせくらさんのご本ですが
今月新刊が2冊発売されました。
 
どちらも、ベストセラー1位になっております!
 
ワークブックのほうは、読み物というよりも
本当に毎日やっていくとよいワークがいっぱい!
 
リッチマネーの法則は、楽しくて、すぐに読めます。
 
この2冊の本の内容は、
今まで、はせくらさんのセミナーを受講した時の内容で
ものすごくわかりやすく詳しく書かれてあります。
 
本の値段では手に入る内容ではなく
高額なセミナーの内容ですからお得です。
 
新しいものは先に必要な人に伝え
その後にどんどん書籍化されたりして
世に出して多くの方に届くような形ですね。

 
こういったものをメソッドにして
協会設立して、教え、
マスターしたティーチャーを育てて
広めていくパターンはよくあるのですが…。
 
はせくらさんは、そうではなく
「どうぞお使いください」と提供され
すべての方が共に栄え、喜びに満ち
調和する世界を本気で築こうとされている。
 
「個」というようなところに留まることなく
地球の、宇宙の、視点から、
山川草木を含むすべて、この国のことや、地球や、
人類のことを本気で考えてくださっている…。
 
それが伝わるから。
それがわかるから。
そこに共振共鳴するから。
目指すところが同じだから。
 
今日も天意(あい)に触れてきました。
 
ありがとうございます。

 
この本を読めば、
ワークをしていけば、
意識も、起きる現象も変わると思います。
 
おすすめです。
 

・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.

岐阜県美濃加茂市
ヒーリングサロンINIPI(イニピー)
アロマ音叉セラピスト 山本まゆみ 
お問い合わせ 090−2577-0572


serendipity0320☆hotmail.com
(上記の☆を@に変えてメールくださいね。)

☆お電話番号へのメールは
エラーメッセージも出なくて届かないことがございますので
メールは上記のPCのアドレスへお願いします。

セッションメニュー・料金

HP  http://serendipity-onsa.com/

コスミックチューンサウンドヒーリングスクール
レベル4(stage13)終了(一期生)
コスミックチューンサウンドヒーリング認定サロン

日本五感療法協会認定インストラクター
アドバンス受講(一期生)


映画や本のお話 | comments(0)
WE ARE X

念願の映画を観てきました。
 

時間の都合で京都で観ることができました。
 

 

マイケルの映画のとき

すごくよくて2回目も行ったのを思い出しました。
 

 

ビートルズに関しては

キャー!って追っかけたい時には解散のころだったし。

中学生の時に映画は見に行ったなぁ。
 
タイトルも忘れてしまったけどツェッペリンの映画も
高校生卒業してからだったか劇場に観に行きました。
 

 

初めてフィルムコンサートに行ったのは

高校性の時、ベイシティ―ローラーズでした(笑)

タータンチックの服で行ったのを今でも覚えてる。
 

 

♡♡
 

 

「WE ARE X」
 

 

泣いた、泣いた。
 

 

スクリーンでは流暢に英語を話すYoshikiがいました。

少しずつ、あのことも触れていました。

メンバー二人のお墓も。。。
 

 

あれ?

こんなに私、X JAPAN 好きだったのかも。
 

 

そうだ、好きだ!って認めよう。

好きだ、好きだ、好きだ〜〜〜!!!
 

 

京都から帰って夜中に聴いて

1人でX JAPAN祭りです。
 

 

今から書くのはまったく私の個人的な思いです。

自分のための備忘録のようなものです。
 

 

 

ヴィジュアル系の先

でもこれ以上のバンドはいないと思う。
 

 

象徴のようなクリスタルのピアノ、

クリスタルのドラム。

それだけでも、うわぁ〜♡なのです。
 

 

歌詞からもどれだけ繊細で

傷つき壊れやすいのか想像はつく。

その感傷的で刹那的な詩。
 

 

薔薇が似合う。
 

 

 

青い薔薇。

私はトイレマットもタオル、部屋の敷物も

青い薔薇模様で揃えたこともある。

黒いレースの服もたくさん増えてた。
 

 

私の育児時期と重なっていて

あのころよく聴いてたのは

BzにミスチルにサザンとX japan。
 

小室さんにハマって何度かライブも行った。

X japanはライブに行けないうちに解散して。

いくつもの衝撃的なドラマを抱えたグループ。
 

 

それより前に、海外のバンドで「JAPAN」っていたの。

そのボーカルのデヴィッド・シルビアンだけどね。

これにもハマって来日のライブにも行った。
 

そのころはYMOにハマってた。
坂本教授も、小室さんも、Yoshikiも
私は彼らの弾くピアノが好きだった。
 
みんな子供のころからピアノ弾いてて。
Yoshikiは4歳からピアノ。
誕生日には父が楽器をプレゼントしてくれてて
子どものころに父親が亡くなり
その次の年の誕生日に
母からのプレゼントされたのがドラムだった。
 
どれだけ愛されて
どれだけ愛してるのか。
 
もう前からだけど
叩きすぎて、手首も腕も壊れてるのに。
首降りすぎて頸椎も痛めているのに。
そんなに早く回数多く叩かなくていいのに。
でも、それが彼なんだろうな。
死んでもやるのだと思う。
 
生まれつき病弱で
ちゃんと生きることができないと思われるほどで。
父の死でも、生きる意味を考えて
ボーカルの脱退、
度重なるメンバーの死でも…。
そしてボーカルのカルト宗教の洗脳…。
苦しい時間を過ごしてきたと思う。
 
Toshiの苦悩や葛藤。
愛したもの、信じたものからの裏切り。
脅され、暴力を受け…。
どれだけ傷ついたことだろう。
12年に及ぶ洗脳を解き戻ってくれた。
 
奇跡的な絆。
そこからの復活。
再結成。
 
生きる意味
産まれた意味
 
「今を抱きしめて」の歌詞もそうだし。
「Born to be free」の歌詞も、たぶんそうだもん。
 
あのToshiさんの声。
私は好き。
なんだろうな、あのハイトーン。
yoshikiの歌詞と曲にはあの声しか考えられない。
そこにあのメロディアスなギター♡

 
私が高校生のころ洋楽ブームで
ピストルズのシドの何かに魅かれていたけど。
たぶん若かった私の中にあった
生きるうえで感じる不条理さや社会への反発や
どうにもならなさと引き合ったのだと思うのですが。
 
私は、うるさい音楽は苦手で
叫ぶ人やその声も嫌いで
激しい音楽も早いリズムも好きじゃないのだけど。
X JAPANのバラードはすごく好き。
 
苦手があるから好きもわかるし。
波長として合わない、というのもあるし。
その苦手が自分の中の
何からなのかも今ではわかるのだけど。
それはまた別の機会に感情について書きます。
 
話を戻して…
 
精神力の強さ。
精神性の高さ。
無謀で。派手で。屈しない感じ。
傷つきながらも信じて進んでいく感じ。
美しくて。カッコいい。
ステージが似合う。
 
熱狂的なファンでもなく
ただこの程度好きだった私の中にも
あのグループのドラマは影響していたようで
謎の多いメンバーの死や
脱退や、その後の死や、
洗脳されたボーカルのことも
どこか中途半端でスッキリしなくて
自分の中でフェードアウトさせていくしかなかった。
 
そこで止まっていたものが動き出した。
感覚、感情が流れ始めた。

 
映画は、そこを、癒してくれた気がする。
二十年以上前からの
当時の思い出も曲と共にあるから。
 
私の中に、まだ傷ついた思いや
傷つけたかもしれない思いが残っていた。
 
このタイミングで癒していこうと思い
整理整頓するように見直して手離すために
引き続き今日もたっぷりと聴きます。

 

ステージ観たかった。

Xジャンプ、したかった。

WE ARE X!って叫びたかった。

忘れていたけど残っていた

そんな思いも満たされていきました。
 

 

「無敵」ってYoshikiのためにあるような言葉。

不可能は無い、と身を持って伝えてくれているような。
 

 

今後も楽しみだけど、身体は大事にしてほしい。

 

 

 


映画や本のお話 | comments(0)
「ボヤージュ・オブ・タイム」

10日封切の映画。

初日に観てきました。
 

こういった情報に明るい方が
映画の公式サイトを紹介されていて
それを見た瞬間に「行きたい!」って思い。
 
上映映画館が少なくって岐阜は無く
愛知での2か所のみ。
 
たまたま都合で10日しか行けそうになくて
初日に行ってきました。
 
ご覧になってない方は、
楽しみが減るのでスルーしてくださいね。
 
「くう」という映画が昨年から
全国で順に公開されているのですが
私は日程が合わず見逃していますが。
 
その「くう」がストーリー性のない
ナレーションと、あとは映像と音。
特殊な周波数が使ってあるとか。
 
もしかしたら、
感覚的には近いところのものかもしれません。
 
登場人物たちが絡んでいって織りなす
ストーリーが展開されていって
起承転結が明確な映画ではないところが同じ。
 
「くう」のほうは覚醒映画と触れ込みですが
まわりで何人かご覧になった方がありますが
覚醒されたかと言えば…???
よくわかりません。
何を覚醒させるのでしょう。
例えば、右と左で違う周波数を流すとか
いろいろあると思うのですが。
 
今までの映画にない斬新さは
概念を覆し新しい視点が目覚めるとかはあるかもしれない。
 
「くう」の公式サイトもあるのですが。
 
予告篇を見た限りでは、私個人的には
「ボヤージュ・オブ・タイム」のように
絶対にすぐに観たい!って感じにはならず。
 
なぜ文字を揺らすのだろう?
オカルト映画みたいって思っちゃいました。
 
幽玄の世界を表現したのかもしれないけれど
私のハートは反応しなかったけど
これを好む方もあり評判になるわけだから
そこと周波数が合うということでしょう。
 
特別な周波数なら電気を通さず音叉の生音があるし。
私はこの音が好き。
 
で「ボヤージュ・オブ・タイム」ですが、
これはまた観たいって思いました。
 
監督の40年の集大成って、すごい!
圧倒的な映像の美しさ。
 
荘厳で、雄大で、壮大で…圧巻です。
言葉にすると、陳腐になってしまう。
 
宇宙、大自然。
天というか、創造主というかに
問いかけるように語りかけるようにセリフが入ります。
哲学的でもあり。
 
溶岩はゴジラを彷彿とさせましたが
大自然に畏怖の念を抱きます。
すごい映像が展開されてゆく。
美しい。
 
一般に言われているビッグバンで始まり
生物が進化していく過程。
 
人類が登場し、感情を持ち、
やがて奪うことや戦うことも経験し急成長する。
 
さてこの先をどう描く。
 
宇宙や惑星の影響を受けている自然界や
惑星と人体の関連や
渦やフィボナッチの美しさに思いを馳せていました。
 
宇宙の映像は、いろんな思いがありすぎだけど。
 
それを置いておいて、ただただ美しい!!!
 
もう一度、あの世界に浸りたい。
 

映画や本のお話 | comments(0)
超微小生命体

三寒四温。

静岡に行っていたら

こちらでは雪がちらついたようです。

 

♡♡

 

名古屋出張のお知らせ☆

 

♡♡

 

増川先生の新刊。

福村先生との対談が本になっていました。

「超微小生命体ソマチットと周波数」

途中、必然的に話の流れが水のことになり

フローフォームのこともでてくるのですが

ソマチットのこと、書かれています。

興味が尽きないところ。

私的には非常に楽しくて興奮します!

 

まだ増川先生と出会うより前に

ソマチットのことを調べていたころがありました。

なので私にとっては待望の本です。

 

ソマチット関連では

今までにいろんな本が出ていますが…

私はこれが一番読みやすくてわかりやすくておもしろい。

 

カタカムナにしても、ソマチットにしても

周波数のことにしても、すべて先生が知っていた!!!

・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.

岐阜県美濃加茂市
ヒーリングサロンINIPI(イニピー)
アロマ音叉セラピスト 山本まゆみ 
お問い合わせ 090−2577-0572


serendipity0320☆hotmail.com
(上記の☆を@に変えてメールくださいね。)

☆お電話番号へのメールは
エラーメッセージも出なくて届かないことがございますので
メールは上記のPCのアドレスへお願いします。

セッションメニュー・料金

HP  http://serendipity-onsa.com/

コスミックチューンサウンドヒーリングスクール
レベル4(stage13)終了(一期生)
コスミックチューンサウンドヒーリング認定サロン

日本五感療法協会認定インストラクター
アドバンス受講(一期生)

 


映画や本のお話 | comments(0)
「走る!」

倉本さんが創作の演劇「走る!」を観ました。

スポーツとか興味ないし
体育会系ものは好きじゃないし
何しろ想像もつかなくて
そんなに乗り気ではなかったのですが
すぐに引き込まれ、すっごく楽しめました!
人は、走っている。
何のために走るのか。
何に向かって。
ゴールは何か。
逃げているのか、追いかけているのか。
演出も素敵。
小道具なんてほとんど無い。
衣装もランニングウエア。
それなのに、それだからこそ生きる
ライトも人もセリフも。
走るのが美しくも感じられ。
走るリズムが音楽のようでもあり。
それぞれの人生を描き。
それぞれ気づきや成長や。
大切なメッセージも盛り込まれ
足を止め、本当に大切なことは何か
考えさせてくれると思う。
一般公募のスーツに身を固めた
サラリーマン男性たちも走る走る。
まるでラッシュ時の品川駅のコンコース。
無言だけど、すごい象徴の演出。
思わず拍手が沸き起こる場面も。
講演が修了して鳴り止まない拍手。
たたえる拍手、感動の拍手、感謝の拍手…。
ホールの中が拍手に込められた思いが
うわぁ〜〜!と溢れて満ちている。
ライブだから、味わえる感覚。
素晴らしいものを観ました。
また観たいと思えました。
走っているサラリーマンの方や
企業戦士として頑張っている方に
観て欲しいと思います。
「降りてゆく生き方」という
武田鉄矢さんが主演の映画がありましたが
それを思い出させました。
おすすめしたかったのですが
調べたらちょうどが16日、17日が
名古屋公演ですがチケット完売。
他の会場もほぼ完売でした。
すごいです。

映画や本のお話 | comments(0)
11日一宮で「宇宙(そら)の約束」上映・講演会あります!

大好きな映画の上映会があります!

 

山元加津子さんの講演会もあります♪

 

映画「宇宙(そら)の約束」

 

一宮で 12月11日(日)

 

本当に素晴らしい映画でおすすめです。

一般の映画館では観られない自主上映会のかたちなので

ビデオも錬らるや販売はございませんので

ぜひ、この機会にご覧くださいませ。

 

 

********************************

映画「宇宙の約束」感謝祭(上映会&講演会)
〜宇宙に祝福されて、この地球(ほし)に生まれた あなたに贈る ぬくといひととき〜

映画上映の他、映画出演者の竹内由美子さん・山元加津子さん、また自然なお産の
吉村医院元婦長の岡野眞規代さんをゲストにお迎えして、映画の世界を広め、
深めていただきます。

日時  12月11日(日) 10:30〜15:30(10:00 開場)
参加費 (一般) 前売 2800円/当日 3300円
    (ペア) 2人で5000円(前売のみ)
    (中高生) 前売 1500円/当日 2000円
    (小学生以下) 無料
会場  一宮市木曽川文化会館 尾西信金ホール
     (一宮市木曽川町割田一の通り27)
MAPはこちら http://www.ichinomiya.hall-info.jp/kisogawa/access.html

名古屋からも近いですよ!
最寄りの名鉄新木曽川駅までは名鉄名古屋本線で、
名古屋から特急で20分、岐阜から特急で9分。

お申込み
イベントレジストのページでクレジットカード
またはPayPalでチケット購入可能です!
http://eventregist.com/e/sora1211party

クレジットカードなどの決済が難しい方は、
以下のフォームから申し込んで振込をお願いします。 http://my.formman.com/t/DNtZ/
(振込口座は自動返信メールでお知らせします)
 

☆映画の内容☆
特別支援学校教諭の加津子さんが子どもの頃から不思議に思っていたのは、どうしてこんなにも
すべてがうまくいっているのか、ということだった。この映画の撮影中に加津子さんは父を亡くす。
その体験を通していっそう、いのちに向き合う日々。加津子さんへのインタビューを中心に、
いのちの不思議を探っていく。生きるとは何か、死とは何か、宇宙の秘密にせまる。
「宇宙の約束」公式HP
http://soranoyakusoku.net/
予告編
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=TF7Dljng6-I

☆感想
「本当の夜明けを感じました。人は皆、愛にあふれ それぞれが輝き、
手をつないで 大きな輪になっているの。
それは未来ではなく、もう今、そういう状態になっているのですね。
地球は愛の星!!宇宙に胸をはって宣言できます。
ありがとうございました」
西河 奈緒子さん

「生命のすべてに不必要はない。あなたも私もひとも植物もものも
私たちは同じところからきて、また同じところにかえるのだから。
だからまわりにいつも愛を持って触れ合うことの大切さ。
障害があっても健常者も同じだから。
ありがとう、ありがとう、そしてありがとう、全てにありがとう」
安達由美さん

「う〜〜〜〜〜ん 素晴らしい映画でした
DNAに全て書き込まれている…少しは知っていましたが圧倒されました
この年齢で これからの生き方 さぐっていました 
もう 書き込まれていて 私の人生は決まっているなら…もう心配はしないで…
素直に生きていこうと思いました。
大きな大きなもの いただきました 沢山の子供達に見ていただきたいと思います
ありがとうございました! 本当に最高の贈り物です!」
大峯道子さん)

☆講演者

山元加津子 テーマ「みんなでひとつの大きな命を生きている」
元特別支援学校教諭。講演家、作家、画家。愛溢れる講演、書籍が全国で大反響。
たくさんの人の生きる勇気につながっている。

竹内由美子 テーマ「子ども達と歩んだ8年間」
映画出演者。障がいのある子どもとその家族を支援するNPO 法人じゃんぐるじむ
理事長のテーマの1つ「すべてのことはいつかのいい日のためにある」ことを
身をもって体験した、自閉症の楽登くんのお母さん。その歩みを語る。

岡野眞規代さん テーマ「赤ちゃんはひかりそのもの」
自然なお産を伝える吉村医院の元婦長。現在、当たり前ではなくなってしまった
「自然なお産」が人の人生全体にわたって大きな意味を持ち、「人が本来持つ力
の凄さと、内側に宿る神々しさ」をお産の中に取り戻すことがい
かに大事かを伝えている。

主催  NPO法人ハートオブミラクル
お問合せ tel: 080-3848-9417(オカダ)
     mail: event@heartofmiracle.net
********************************


 


映画や本のお話 | comments(0)
「銀河の雫」

大好きな山元加津子さんが監督の映画。

「銀河の雫 はじまりはひとつ」

 

かっこちゃんこと山元加津子さんの著書で

「宇宙(そら)の約束」が岩崎靖子さん監督で

映画になりましたが、この本も映画も大好きで。

何年も前から、かっこちゃんの講演会に何度も出かけ

講演のお手伝いもさせていただいたりして

名前も憶えていただけるようになり

数年前に「宇宙の約束」をいろんな流れで

講演会と共に上映をさせていただきました。

 

その続編のような。

「宇宙の約束」を簡単にしたような映画に感じました。

 

「宇宙の約束」はレベルが高過ぎなのか

わかりやすい「1/4の奇跡」ほど普及せず。

かっこちゃんの活動を追った

ドキュメンタリー映画のシリーズの中で

「宇宙の約束」は私は一番好きです!

あんな深くて宇宙の法則が凝縮されたのは無いと思う。

理解されるにはもう少し時間がかかるのかもしれない。

 

「銀河の雫」は、かっこちゃんが監督を務めた作品。

 

かっこちゃんの友だちの写真家である

野村さんの撮影された美しい大自然の写真も

たくさん使われていました。

 

かっこちゃんのサポートを長い間されている

小林さんも登場されていますが

かっこちゃんに対しても、

ギータちゃんに対しても

本当になんでそこまでできるのだろうというほどの優しさ。

 

映画の中のキラキラのフレーズや、

素敵なエピソードたち、ちりばめられた宇宙の約束。

 

とてもよかったです。

 

舞台はネパール。

かっこちゃんたちは11年前にネパールに行っています。

そこで友だちになったギータちゃんが登場し

ネパールの宗教観や生死観などを一緒に考えていきます。

 

そして、かっこちゃんの一番古いの記憶。

 

かっこちゃん

「私が二つに分かれたがっている。

そして、わかれていく。

たとえ二つにわかれても、四つにわかれても、

大丈夫なのだと私は知っていた。

わかれたものは、それぞれが光を持ち、

それぞれの中心のところで輝いている。

どんなにわかれても、私はバラバラにならず、

みんなひとつで、大丈夫だということを、

わたしはその時に知っていて、幸せだった。」

 

このエピソードからこの映画は始まる。

 

かっこちゃんがネパールで出会った人たち、

もう会えないけど触れ合った人たち、みんな素敵。

 

ネパールは、一度訪れたいところの一つ。

ヒンドゥー教、仏塔、マニ車、タルチョ…。

 

すべてのものが神だという国。

水も、森も、宇宙も、みんな繋がっていて

私たちは一つなんだということ。

 

数年前に多くの犠牲者を出した地震で

ネパールの人の心のよりどころの仏塔や

寺院の建物が崩れていた映像はショックでした。

 

崩れてしまっているけど

ギータちゃんは、こころの目で見れば

それはちゃんと自分の中に在るといいます。

 

ガンガーに繋がる川。

そこでの火葬は自然の循環のそのもの。

残った灰は箒で掃いて川へ流す。

死は特別なことではなく、自然に還るのを見送る。

人は自然から生まれ自然に還る。

人も自然の一部。

だからネパールにはお墓が無い。

 

かっこちゃんの旅の仲間の一人が

ネパールの旅の前に亡くなり

「あちこちで骨を撒いて」と生前の希望どおり

その遺骨をネパールで香炉の中へ。

煙となりネパールの空へ上がっていきました。

 

悲しいことも苦しいことも、病気や障害も

みんなで一つの命を生きてゆくためには大切で必要なこと。

 

私たちはみんな大丈夫のように守られている。

私たちの身体の中には、ひとつにつながる方法が用意されている。

私たちは、繋がりながら、与えられた場所で

与えられた自分を生きていけばいい。

 

と、そんな映画でした。

 

写真家の野村さんの画像も圧倒的な美しさ。

 

大切なことがちりばめられていますので、

お近くで上映会がございましたら是非ご覧ください。

 

私の脳内では「レッサンフィリリ〜♪」の歌がリフレインしています♪

 

 

・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.

岐阜県美濃加茂市
ヒーリングサロンINIPI(イニピー)
アロマ音叉セラピスト 山本まゆみ 
お問い合わせ 090−2577-0572


serendipity0320☆hotmail.com
(上記の☆を@に変えてメールくださいね。)

☆お電話番号へのメールは
エラーメッセージも出なくて届かないことがございますので
メールは上記のPCのアドレスへお願いします。

セッションメニュー・料金

HP  http://serendipity-onsa.com/

コスミックチューンサウンドヒーリングスクール
レベル4終了(一期生)
コスミックチューンサウンドヒーリング認定サロン

日本五感療法協会認定インストラクター
アドバンス受講(一期生)

 

 

 

 


映画や本のお話 | comments(0)
君の名は

また一人、好きな監督が増えました。

 

美しすぎるほどの映像。

 

電車のドアが閉まるシーンとか

実写かと思うほど。

 

飛騨の風景に和む。

飛騨弁が優しい印象を残す。

 

せつなくて…。

想いが溢れて止まらない…。

 

ネタバレあります!

ご覧になっていないかたは、

映画鑑賞後にご覧ください。

 

***

 

彗星

隕石

 

巫女

口噛み酒

 

組紐

 

結び

 

糸と人

人と人

人と神

彼岸と此岸

あの世とこの世 

時間の流れもまた結び

 

 

あわい

 

黄昏

誰そ彼

黄昏時は逢魔が刻

 

その特殊な時間は

異世界と繋がりやすい条件の時。

瞑想の時、祈りの時、睡眠時も。

 

植物を発酵させたもの、

植物そのものが持つ成分、

堺があいまいになるもの、

ビジョンを見させるもの、

繋がるもの、ハイになれるもの、飛べるもの。

トランスになるもの。

至高体験とか意識の覚醒の状態。

 

古来より人は神を求め

天と繋がるためその状態を探求してきた。

 

民族衣装などの模様に残る痕跡。

 

巫女

ユタ

イタコ

神降り

シャーマン

 

降霊

憑依

 

サイキック

チャネリング

テレパシー

 

 

伝えたい思い。

 

過去を、未来を、変える。

 

 

過去に起きたさまざまな災害…。

大きな事故やテロや…。

突然失われた身体。

意識は、思いは、時空を駆け廻り

いつか誰かががそれをキャッチする。

 

誰かが放った思い。

誰かが発した周波数。

 

思考とか想念とか記憶とか

すべてが集合意識に漂い

トランス状態やそれに近い状態のときに

そこと繋がり何かをキャッチしたりする。

 

アカシックレコード。

 

 

 

結び。

 

 

事前にわかれば避けられたのか。

 

別のタイムラインでは

その災害や事故が無かった世界がある。

幸せに生き続けているタイムラインがある。

 

 

もしかしたら今後起こる大きな災害とか

もしキャッチしたならば

それが起こらない時空を選び取れば

避けることができるのかもしれない…。

 

 

過去からのメッセージ。

未来からのメッセージ。

 

 

黄昏時の逢魔が刻のような

顕在意識が薄れて潜在意識と繋がる

特殊な状態の時は脳波も違うのだけど

その状態は寝入り端とか、祈りや瞑想、

単純な作業の繰り返しや、

回る揺れる踊ることでも、

マントラもそこに導くものもある。

精油を使った時、音叉を使った時もそう。

 

かっこちゃんの訳の般若心経の中の一部

「揺れる、歌う、踊る、祈る……
跳ねる、描く、回る、思う……
約束とつながっていく方法はいつも私の中にある
揺れて踊って、飛んで思って心の目と心の耳が開いてく
そして本当のことを知る」ってところ。

 

 

結び。

 

誰かと、心通わせ、結びの状態にあった人とは

「君が世界のどこにいても俺が必ず逢いに行くー!」

って叫びたくなる気持ち。

 

映画でのそのフレーズが、

何かを思い出させるようで…。

何か…。

遠く過ぎ去った時の中で交わした古い約束…。

どうしようもなく愛おしい大切な人…。

愛した日々…。

流れた時間…。

 

 

初めて会って顔を見た瞬間に

そのあたりをぐわっとかき回すように

揺さぶりをかけるような衝撃の走る出逢い。

まったく何の記憶も根拠も無いけど

運命的なものを感じる出会い。

その相手に何を感じているのか。

鐘が鳴るほどの衝撃的な一目ぼれなのか。

一目ぼれとして出会う過去世で敵対した人なのか。

 

出逢うことの奇跡。

 

 

昔、私が生まれるより少し前、

私の生まれた場所一帯に隕石がシャワーのように降り注いだ。

それが、美濃隕石。

 

「美濃隕石」という言葉も、

私の中の記憶の扉を開くカギだった。

 

 

隕石は宇宙から微生物を運ぶ。

そうやって地球に生まれてきた生命もある。

 

記憶や、感情も、隕石に乗ってきたのではないだろうか。

 

星が… 爆発…、崩壊する記憶…。

 

 

もう愚かな同じ間違いは繰り返さない。

 

だから、この時に、この地球のこの場所を選んで

受肉し生まれてきたのではなかったのか。

 

 

あの彗星の名。

あれで監督さんは、いろいろ知っている人だと確信しました。

 

 

本当は、過去も未来も、今ここに

集約されているようなのだけどね。

 

ドラマティックなことも楽しみながら。

 

今を楽しもう。

今を生きよう。

 

 

隕石と言えば、私のもとにやってきた隕石。

あのロシアに落ちたチェリャビンス隕石。

こんな小さな欠片でもシリアルナンバー付きで そこそこ高価。

 

 

☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.

岐阜県美濃加茂市
ヒーリングサロンINIPI(イニピー)
アロマ音叉セラピスト 山本まゆみ 
お問い合わせ 090−2577-0572


serendipity0320☆hotmail.com
(上記の☆を@に変えてメールくださいね。)

☆お電話番号へのメールは
エラーメッセージも出なくて届かないことがございますので
メールは上記のPCのアドレスへお願いします。

セッションメニュー・料金

HP  http://serendipity-onsa.com/

コスミックチューンサウンドヒーリングスクール
レベル4(ステージ13まで)終了(一期生)
コスミックチューンサウンドヒーリング認定サロン

日本五感療法協会認定インストラクター
アドバンス受講(一期生)

 


映画や本のお話 | comments(0)
星を追う子ども

日中はまだ暑い日が続きます。

 

それでも実った稲穂は黄金色で

早いところでは稲刈りの風景が見られます。

 

近くの小学校のイチョウの木の葉も

心なしか黄みがさしてきた感じです。

 

この美濃加茂市は梨の産地で有名で

幸水から豊水へと出回る品種が移り変わって来ています。

 

畑を歩けば大きなコオロギに出会います。

コスモスの花も咲き始めました。

 

季節の変わり目、お疲れも出るころ。

ご自愛くださいね。

 

 

「シン・ゴジラ」からも落ち着いてきたら

「君の名は」の評判があちこちから聞こえ。

 

なるべく先入観なく観たときの感覚を

大事にしたいから何も調べずにいたいと思い

やっと観てくることができました。

書きたいことが山ほどあるのですが、これはまた後日。

 

今回の記事は「君の名は」の新海監督の作品。

「星を追う子ども」というアニメ映画。

 

これが、けっこう深くて私は好きです!

 

この先からネタバレなので、

まだご覧になってない方はご覧になってからご訪問ください。

 

*****

 

最初、観始めてしばらくは

かわいくない女の子の絵と声が嫌だし

変などう猛な生物も出てくるし…。

ごめんなさい(汗)

で、ジブリか、これは…ってなって(汗)

 

その表面的なところだけを捉えるだけなら

この作品のよさはわからないかもしれないです。

 

 

ジブリっぽいのは…

ジブリの影響? ジブリを意識?

そうではなくリスペクトって感じを受けます。

ジブリ好きだからいちいち楽しかったです。

 

ん? ラピュタ? 飛行石? ユパさま? 

大叔母様? シシ神? 巨神兵? ハウルの城? 

主人公の女性は、ナウシカにも見えるし、

さつきにも見えるし、千にも、

シータにも、ソフィーにも見える。

男性は、ハウルにも、ハクにも、

アシタカにも、アスベルにも、パズーにも見える。

それらの要素を持っている。

そこまで感じさせるのは意図的だと思います。

 

ジブリっぽい要素はあるものの

全体のストーリーは独特の世界。

ジワジワきます。

 

これ「トーマの心臓」じゃないけど

死んでしまった存在がずっと作品の中で生きてます。

 

タイトルの「星を追う子ども」ってその存在のことなかも。

 

生死観。

 

キーワードも。

フレーズも。

 

「さよならを知るための旅」

 

生と死。

 

産まれること、死ぬこと。

 

喪失感。孤独。淋しさ…。

誰もがこころあたりのある感覚。

 

「死ぬことは生きることの一部」

 

「産まれ落ちるというだけで命はじゅうぶん幸せだよ」

 

「あの時、幸せと悲しみが一緒にやってきて

私は一人きりじゃないんだって思えたの」

 

亡くした最愛の妻を生き返らすことも

叶わなかった森崎に聞こえたのは

「喪失を抱えてもなお生きろ」と。

それは人に与えられた呪いだと言うシンにアスナは言う。

「でもそれは、きっと祝福でもある」

 

と、名言がいくつか。

 

アガルタは衰退する設定になっていたけど。

本当のところはわからない。

 

ケツァルトルってあのケツァルトルかと思ったら門番。

過去に地底へ一緒に降りてきた人間がいたという設定。

ケツァルトルは地上の汚れた大気で心を失ったという。

 

 

い族とは、光と水を嫌う呪われた種族、

今ある世界を保とうとする仕組みの一つ。

それでい族は別のものとの交わりを憎む。

 

 

アスナの父の形見のクラビスという石はアガルタのもの。

だからアスナが い族に狙われていたのは

アスナの父はアガルタ人だった?

 

シュンとシンの目の色が違うということは

異母兄弟でシュンとアスナは父が同じ?

 

アスナが夢の中で出会ったシュンは

「さあ行こう、さよならを知る旅だよ」

と言って右手を差し出すが、

アスナがその手を取った瞬間

シュンの差し出した右腕がもげてしまう。

 

アスナがかわいがっていた猫のミミは

死後、人型ケツァルトルに

取り込まれることでその一部となり永遠に生きる。

 

その人型ケツァルトルには右腕が無い。

アスナと通じ合える感覚があるのは

アスナはアガルタ人の血を引くからなのか。

そのケツァルトルとシュンとの関連は…?

 

ケツァルトルは死ぬ前に記憶を歌に込めるのだと言う。

シュンの最後の歌を聴いたのがアスナということは

シュンはケツァルトル?

 

観る人の思いを膨らませる。

 

最後にアスナは意識を失ったとき

別の次元でシュンに逢っていて

そこでシュンに「さよなら」を言う。

 

 

 

映画の中で、一番好きなところが歌のエピソードのところ。

 

「ケツァルトルは死ぬ前にすべての記憶を歌に込めて残す。

歌は形を変えてどこまでも伝わってゆく。

空気の振動の中で受け継がれ俺たちの身体とも

気づかぬうちにまじりあう。

そうやって世界のどこかに永久に記憶されるそうだ。」

 

 

それって、周波数。

 

思いはどこまでも伝わって

受け継がれ混じり合う。

 

このあたりが「君の名は」にも感じられる。

 

 

 

☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.

岐阜県美濃加茂市
ヒーリングサロンINIPI(イニピー)
アロマ音叉セラピスト 山本まゆみ 
お問い合わせ 090−2577-0572


serendipity0320☆hotmail.com
(上記の☆を@に変えてメールくださいね。)

☆お電話番号へのメールは
エラーメッセージも出なくて届かないことがございますので
メールは上記のPCのアドレスへお願いします。

セッションメニュー・料金

HP  http://serendipity-onsa.com/

コスミックチューンサウンドヒーリングスクール
レベル4(ステージ13まで)終了(一期生)
コスミックチューンサウンドヒーリング認定サロン

日本五感療法協会認定インストラクター
アドバンス受講(一期生)

 

 


映画や本のお話 | comments(0)
1/9 >>



CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea